注目記事

  • フレンチナチュラル

    まるでパリのアパルトマンのような雰囲気になるのがフレンチナチュラルの魅力です。

  • アメリカンカントリー

    ぬくもりが感じられるテイスト。自然な風合いと飾らない素朴さが魅力です。

  • 南仏プロヴァンス風

    素朴さの中にも洗練されたエッセンスが効いているのがプロバンススタイルです。

  • 北欧モダン

    清潔感があるシャープなデザインを選ぶと北欧らしさが表現できます。

  • アジアンリゾート風

    まるでアジアのリゾートホテルのようなインテリアがアジアンリゾート風のインテリアです。

記事一覧

クラシックな重厚感・ブリティッシュスタイルのインテリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリティッシュスタイル

画像引用元:http://allabout.co.jp/

欧米の古きよき時代のインテリアを取り入れたクラシックやトラディショナルと呼ばれるインテリア。ブリティッシュスタイルもその中の一つです。ブリティッシュスタイルの特徴はまず重厚感。いいものを長く愛用していくという伝統があるので、家具やソファなども高級感あるものを選びましょう。英国紳士が寛ぐような部屋をイメージしてインテリアを構成していきましょう。

ダークな色使いが基本

画像引用元:http://simplemodern-interior.jp/

落ち着いた重厚感あるインテリアを作っていくには、家具類はダークブラウンを選ぶことが重要です。しかし、全てをダークカラーにしてしまうと、部屋全体が暗く、重い印象になりがちなので、カーテンやソファの布貼りの部分の色を彩度が抑えられたグリーンやイエローなどを用いるのもよいでしょう。さらに高級感をプラスしたいときには、ポイントでゴールドを使うのもよいでしょう。ただし、ゴールドを使用する時はマットな質感のつや消しのゴールドを選ぶと品よくまとまるでしょう。

高級感ある素材を選ぶ

画像引用元:http://www.virginatlantic.co.jp/

ブリティッシュスタイルインテリアには王侯貴族など上流社会のインテリアが反映されています。ですから、家具などの素材も高級感ある本物志向を選ぶのがよいでしょう。オススメの素材は木、石、ガラス、金属、皮革。木であればマホガニーやウォールナットを使用したものが一般的です。ファブリックは織目が細やかなジャガードや、ベルベットなどが相性がよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加