注目記事

  • フレンチナチュラル

    まるでパリのアパルトマンのような雰囲気になるのがフレンチナチュラルの魅力です。

  • アメリカンカントリー

    ぬくもりが感じられるテイスト。自然な風合いと飾らない素朴さが魅力です。

  • 南仏プロヴァンス風

    素朴さの中にも洗練されたエッセンスが効いているのがプロバンススタイルです。

  • 北欧モダン

    清潔感があるシャープなデザインを選ぶと北欧らしさが表現できます。

  • アジアンリゾート風

    まるでアジアのリゾートホテルのようなインテリアがアジアンリゾート風のインテリアです。

記事一覧

素朴さの中にも洗練されたエッセンス・南仏プロバンス風インテリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南仏プロバンス風インテリア

画像引用元:http://decordeprovence.blogspot.jp/

フランスでもパリと南仏では暮らし方が違います。パリは都会ですから、洗練されたお洒落さが漂っていますが、南仏プロバンスは農業が盛んでハーブやワインの産地としても知られ、ゆったりとした田舎町の雰囲気を醸し出しています。しかし、田舎といってもやはりおフランスはおフランス。素朴さの中にも洗練されたエッセンスが効いているのがプロバンススタイルのインテリアです。

アイアン家具

画像引用元:http://heyazine.com/

プロバンス風インテリアにアイアン家具を取り入れるとそれだけで、リゾート感覚溢れる空間になります。チェアやリビングのテーブルの脚などにアイアンが使われている家具を取り入れてみてはいかがでしょうか。

プロバンスプリント

画像引用元:http://plaza.rakuten.co.jp/lepetitnice/

インド更紗から発展したプロバンスプリントはプロバンス地方の伝統産業ともなっています。黄色・赤色・緑色・青色など色彩豊な色合いをベースにハーブや蜂、オリーブの木などのモチーフが描かれているプロバンスプリントはとても軽やかで明るいイメージ。ランチョンマットやクッションカバー、ティッシュケースなどをプロバンスプリントにすれば、一気に南仏風のインテリアに近づきます。プロバンスカルトナージュパニエは四隅をリボンで結びBOXを作る小物入れ。パンケースとしても利用できるのが魅力です。

プロバンス陶器

画像引用元:http://xiangpian.exblog.jp/

その昔、ピカソも居を構え創作活動に励んだというヴァロリスはプロバンス陶器で有名な街。ぽってりとしたフォルム、可愛らしい絵付けがなんとも温かい雰囲気を醸し出しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加